Home > まずは道具から入る! > チェロの購入に役立つ値段内訳

チェロの購入に役立つ値段内訳

まず、チェロとは西洋の音楽で使われる楽器です。
この楽器は弦楽器であり、4本の弦が張られています。

ヴァイオリンの仲間に属する楽器であるため、演奏の際には弓を弦に触れさせながら奏でます。
記譜音と実音は同じであり、基本的にはヘ音記号の譜面を用いられることが主流であります。

チェロの値段ですが、ピンからキリまであります。
数万円の物もあれば、数億円するものも存在します。

一般的に長く使用するつもりであれば、20万円から30万円程度の物を使うことが勧められます。

また、弓の値段も気になるところでありますが、10万円程度のものもあれば、100万円以上する弓も存在します。

楽器を購入すれば当然、持ち運びなどにはケースが必要になります。
ケースも安価ではなく、ソフトケースで1万円から2万円程度、ハードケースだと5万円から30万円程度のものがあります。

ハードケースの場合、お値段が高くなればケース自体の重さが軽く、持ち運びに便利です。

どうしても持ち運ぶ際には、ぶつけてしまったりするので、ハードケースが便利です。

チェロを購入する際、できれば実際に試奏のできるところでの購入が良いでしょう。
楽器は必ずしも値段に比例して良い音が出るとは限りません。

それぞれの演奏方法やジャンル、経験値に合ったチェロを選ぶことが大切になります。

また、新品ではなく中古で購入すれば、高級なチェロもよりお手頃な価格で購入することも可能ですので、検討してみる価値があります。

Home > まずは道具から入る! > チェロの購入に役立つ値段内訳

Feeds

Return to page top