Home > まずは道具から入る! > チェロケース選びのコツ

チェロケース選びのコツ

大事なチェロを保護するチェロケースですが、楽器本体や弓など実際に触ってみないとわからないため実店舗での購入しかないですが、ケースは店舗でも通販でも同じものが並んでいるため、安価な通販を利用したり、通販サイトを巡回して値段の相場を把握するなど、上手に購入することをおすすめします。

通販において気をつける点は、安さとケースの重量だけに焦点を絞るのではなく、頑丈さや中のクッション材、持ちやすさなどトータル面で考慮して選ぶということです。

同じ弦楽器のヴァイオリンやチェロ、ギターやベースより遥かに重く大きいため、軽量であることは非常に大切なのですが、それゆえ衝撃から守る頑丈さや、その重さに耐え得る頑強さが必要となります。

ケース選びを始めた時点でまずびっくりするのが、価格ではないでしょうか。
10万円以上もするものが多く、初心者には難しい金額であることが多いです。

そんな中、リーズナブルなケースを探していくなら、まずはアメリカの会社・イーストマンが候補に挙がるでしょう。

ポップでかわいい色合い、シンプルなデザイン、何より10万円を切る価格というところで初心者からベテランプレイヤーまで愛用されいています。

特に人気なものは6万円〜8万円のものや10万円前後のモデルです。

ほかに、東洋楽器がリリースするケースも8〜10万円とリーズナブルながらも造りも良く、プレイヤーから人気があります。

リーズナブルといえばスズキも外せません。
予算と相談しながら、また定番商品と比較しながら楽しく選んでみて下さい。

Home > まずは道具から入る! > チェロケース選びのコツ

Feeds

Return to page top