Home > チェロについて > チェロ教室の選び方のポイント

チェロ教室の選び方のポイント

これからチェロを始める、という方に必須なのがチェロ教室です。
身近に詳しい人がいる、演奏者の知り合いがいる、という環境でなければ、チェロ教室に通うことをおすすめします。

ピアノ・ヴァイオリンに比べ、圧倒的に少ないのがチェロ教室ですが、教室を選ぶポイントはどういったものがあるのでしょうか。

まず、立地・環境が挙げられます。

何しろチェロは携帯できる楽器の中でも最も大きく重いです。
悪天候の中や猛暑の中を移動しなければならないため、遠すぎる教室は避けたいところです。

余程通いたい先生がいる場合以外は、できるだけ近い場所に留めましょう。
また、学生や女性の方は教室周囲の治安にも注意しましょう。

次に、楽器のレンタルがあるかどうかです。
続くかどうかもわからない20〜30万円の楽器をいきなり購入するのが怖い方は、レンタルは必須となります。

大抵の教室の場合、レンタルを実施しているため、月謝に加えてレンタル料金も加味した上で比較しましょう。

そして、一番大切なのは先生の質です。
トッププロや教授、演奏家でなければならない、ということではなく、教え方や性格、上達したい熱量に見合った先生を選ぶという意味です。

趣味程度にしたいのに、スパルタの先生を選ぶ必要はありません。

これらを確認する方法は、口コミやレビューサイトを参考にするという方法がありますが、やっぱり体験レッスンにかなうものはありません。

無料のところも多いので、実際に受講してみて雰囲気を味わってからじっくり決めましょう。
細かいですが、スタッフの応対も見ておくと吉です。

以上の条件やポイントを踏まえて、楽しく上達できるレッスンライフが送れるよう、じっくり選びましょう。

Home > チェロについて > チェロ教室の選び方のポイント

Feeds

Return to page top