Home > チェロについて > 簡単楽譜でチェロに挑戦してみよう

簡単楽譜でチェロに挑戦してみよう

誰でも一度は楽器を触る機会がありますが、中でもチェロはちょっと特殊とも言える楽器のひとつです。

チェロは低音を奏でる楽器で、いわゆるベースとも言える存在でもあります。

弦は4本で、ヴァイオリンなどとほぼ同じ構造で出来ていますが、最大の特徴はその音の低さにあります。

楽譜は普通は、高い音を表すト音記号で表記されますが、チェロの楽譜は低音を表すヘ音記号で表記されます。

更に、大きな楽器にコントラバスがありますが、チェロは演奏をよりしやすくするため構造上、この大きさになっています。

チェロは3オクターブまでの音を出すことが出来、初心者にはなかなか難しいものがありますが、まずは簡単な楽譜から挑戦してみることがおすすめです。

また始める前に、ギターのようにチューニングという音を合わせることが必要です。
チューニングをしないまま置いておくと弦が緩んだりしてしまい、弾いた時の音が全く変わってしまうからです。

最初は難しいですが、チューナーという音を拾ってくれる機械があるので、そう言ったものを使用して音を合わせることが出来ます。

弦楽器はデリケートに出来ているので、演奏後のお手入れをきちんとすることも必要ですが、慣れてしまえば簡単です。

そう言った心構えを踏まえて、いよいよ演奏と言っても最初はまず上手く弾けないものですが、チェロ初心者におすすめの楽譜というものもあります。

中には無料でダウンロード出来る楽譜もありますし、思いがけずハマってしまい、チェロ演奏が趣味のひとつになる可能性もあります。

Home > チェロについて > 簡単楽譜でチェロに挑戦してみよう

Feeds

Return to page top